ブログ記事を書くのって難しいですよね~><

私もブログを始めたばかりは、1記事書くのに
6時間とかかなりの時間をかけていました…w

現在は記事の内容によりますが…、
1記事2時間ほどで書けるようになりました!

 

たくさん記事を書いて経験を積んだというのもありますが、
自分流のブログ記事の書き方を確立してからだいぶ早くなりましたね!

せっかくなので、うたと流の記事の書き方を紹介します!

うたと流ブログ記事の書き方!

キーワードと各内容を決める

まずはキーワードです!記事の中心となるキーワードを決めましょう。
ココで決めたキーワードは、いわば記事のテーマになります。

例:

DSC_0654

うちの猫は尻尾が短い、それを記事にしよう!

よし、じゃあキーワードは「猫」「尻尾」だな!

 

もし、例にある決めたキーワードが「猫」の1つだけ、
または「尻尾」だけでは、記事のテーマ・内容が漠然としてしまいます。

できればキーワードは1つではなく2、3つほど決めましょう。

 

キーワードからある程度記事のテーマ・内容を決めたら、
「冒頭文」「内容」「まとめ」の構成でブログ記事を書き進めましょう。

冒頭文で記事の内容を伝える

冒頭文では「その記事の内容」を伝えます。

わざわざ検索エンジンから来てくれたブログ読者さんは
タイトルに惹かれてアクセスしてきただけであって…。

その記事にはどんな事が書かれているのか知らない状態です。

 

この記事にはどんなことが書かれているのか?
どんな内容の記事なのか?何を紹介する記事なのか?

といったトコロを冒頭で紹介文として簡単に説明します。

例:

実は私、猫を飼っているんです。

うちの猫は普通の猫とは違い、なんと…尻尾が短いんです!

そんな尻尾の短い猫、尻尾の長い猫とはどんな違いがあるのかを紹介します!

この冒頭文はディスクリプション(記事の概要文)にもなります!

ブログ記事のメインとなる内容

最初に決めたキーワードでブログ記事の
一番中心になる部分「内容」を書きましょう!

例:

尻尾の短い猫は尻尾をプロペラの様に
ブンブンと振り回して感情を表現するんです。

うちの猫も怒った時や興奮している時は尻尾をブンブンと振り回しています!

また尻尾の長い猫は、尻尾の先をピコピコと動かすことが多いですが、
尻尾の短い猫は、尻尾の根本から動かします。

…まぁ、尻尾の先っぽだけを動かす程の長さが無いということですねw

 

まとめ部分で…まとめる!

まとめの部分では記事の内容をまとめたり…、
記事の内容に対しての自分の感想や考えや補足説明的なモノを書きます。

例:

同じ猫でも尻尾の長さによって、ちょっとしたしぐさに違いが表れます。

もし尻尾の長い猫、尻尾の短い猫とふれあう機会があれば
尻尾の部分をよ~く観察してみてくださいね!

それから、まとめの部分には…、
「○○してみてくださいね!」「○○してみたらいかがでしょうか?」

というような「行動を促す一文」を必ず加えるようにしています。

 

アフィリエイトで例えるなら、商品の紹介文だけでは
読者は「ふ~んそうなんだ」だけで終わってしまいますが…。

紹介文の最後に「興味があれば購入してみてくださいね!」といった
「行動を促す一文」があれば「ふ~んそうなんだ、買ってみようかな
という気持ちが働くからなんですね!

ブログの記事を最後まで読んで、読者にやってほしいことがあれば、
このまとめの部分で行動を促しましょう

ブログ記事の書き方:まとめ

「キーワード」→「冒頭文」→「内容」→「まとめ」

という記事構成がうたと流ブログ記事の書き方でした。

 

また、私の場合書く順番もかなりバラバラですね~。

冒頭文から下へ順番に書くこともあれば、
まとめから上に登っていく順番で書くこともあります。

「書けるところから書く!」というのが私の方法でしょうか!?w

 

全てのジャンルのブログ記事の書き方が必ずしも
この型に当てはまるワケではないですが参考にしてみてくださいね!

The following two tabs change content below.
うたと
2014年11月から本格的にアフィリエイトを開始、Lureaで基礎を学ぶ。 初月で○万突破!という感じではなく、地道に少しずつコツコツと稼げるようになったタイプ。現在の月収はほったらかしでも約12,000~16,000ほどのクソザコ。 さらなる飛躍を求めてこのブログを立ち上げます。